リンク集: スーパーコピーブランド, グッチ服 スーパーコピー, フェンディコピー, シュプリーム ヴィトン コピー, ウブロコピー, ロレックスコピー, オメガ スーパーコピー, タグホイヤー スーパーコピー, シャネルJ12スーパーコピー, カルティエ スーパーコピー, オーデマピゲ スーパーコピー, パテックフィリップ スーパーコピー, ブレゲ スーパーコピー, カルティエ スーパーコピー ,ロレックス時計スーパーコピー ,シャネル時計スーパーコピー ,ウブロ時計スーパーコピー ,カルティエ時計スーパーコピー ,パネライ時計スーパーコピー ,オメガ時計スーパーコピー ,ルイヴィトンバッグスーパーコピー ,グッチ財布スーパーコピー スーパーコピー

記事一覧

音楽とドーパミン

2011.02.29

ファイル 161-1.jpg

音楽を聞いて、感動のあまりゾクッとすることがありますか? と言っても、何のことかわからない人もいますし、個人差は大きいと思いますが、好きな音楽を聴くとやはり感動するものです。

最近、Nature Neuroscienceに興味深い研究が発表されました。

好きな音楽を聴くと良い気分になるのは、脳内で快感伝達物質ドーパミンが大量に分泌されているためだということを、カナダのMcGill Universityの研究チームが突き止めたというのです。

研究チームは「音楽を聴くと背筋がゾクッとするような興奮を感じる人」との条件で、研究の被験者を募集。応募者217人の中から19~24歳の8人を選び、PETによる画像診断によって、ドーパミン受容体となるラクロプライドの量を調べた。被験者の心拍数、呼吸、体温、精神性の発汗の目安となる皮膚コンダクタンスなども測定しました。その結果、好きな音楽を聴いてワクワクしているとき、被験者の身体活動は活発化し、脳内の線条体からドーパミンが分泌されることが分かったとのことです。この反応は、好きな音楽を聴く前の期待感だけでも起こることも確認されています。研究チームはさらに、脳内のどの部分が活性化するかを調べるため、機能的磁気共鳴画像法(fMRI)による検査を実施し、被験者の脳の血流量変化を調べたところ、好きな音楽を聴くことを期待している段階では、尾状核が活性化することが分かったのです。ところが、実際に音楽を聴いて興奮状態となると、今度は側坐核が活性化したそうです。

パーキンソン病の患者さんへの『音楽療法』が有効な根拠になるかも知れません。

Anatomically distinct dopamine release during anticipation and experience of peak emotion to music.
Valorie N Salimpoor, Mitchel Benovoy, Kevin Larcher, Alain Dagher & Robert J Zatorre
Nature Neuroscience 14, 257–262 (2011)